介護士の方におすすめのデイサービス転職ガイド[東京版] » 介護職でキャリアアップする方法とは?

介護職でキャリアアップする方法とは?

介護職でキャリアアップする方法やキャリアパス制度で資格を有効活用することについて解説します。

キャリアパスとは?

2017年4月から介護職員処遇改善加算に1段階追加され5段階となりましたが、それにともなってキャリアパス要件Ⅲも新しく定められました。

キャリアパス要件とは介護職員処遇改善加算を取得するための条件で、キャリアパス要件Ⅰは「職務内容、職位、職責に応じた任用要件と賃金体系を整備する」。キャリアパス要件Ⅱは「資質を向上させるための計画を策定し研修を実施したり研修機会を設ける」。キャリアパス要件Ⅲは「経験や資格に応じ昇給する仕組みや一定基準に基づいた定期昇給判定の仕組みを設ける」となっています。

キャリアパスによって目標ができる

介護職は一般企業とは異なり専門性の高い仕事です。そのため、専門性について正当に評価するキャリアパス制度を導入することで、職員が仕事へのやりがいや将来性を見出すことができ、安心して就職できるようになります。職員の不安をなくすだけでなく、介護の質が向上することで事業所のイメージもアップします。

これまでは就職しても業務に追われ、目的や目標も無しに日々の仕事をこなすという状況が、職員のモチベーションを下げる原因になっていましたが、キャリアパス制度の採用によって、次のステップに進むための土台ができるため、職員それぞれが目標を設定し、それを目指して頑張ることができるようになります。

キャリアパス制度を利用して資格を有効活用

2013年の3月までは、さまざまな介護の資格が混在しており、介護職でキャリアアップするための見通しが立てづらい状況でしたが、2013年4月に資格取得制度が体系化されてわかりやすくなりました。キャリアパス制度では、資格もキャリアアップに必要な要素になるので、目標を決めて段階的に資格をとっていくことで、資格を有効に活用できるようになりました。

現在の介護資格取得制度は「介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士→認定介護福祉士」というルートになっています。

介護職のキャリアパス制度について

ワーライバランスを大切にできる
働きやすいデイサービスへの転職

収入

新たな資格を取得したり、安心して働くためには、安定した一定以上の基本給が必要です。

施設数

施設数の多さは、通勤のしやすさに直結。勤務地の選択肢を増やすことにも繋がります。

キャリアパス

将来的にキャリアアップを目指したい方は、資格を有効に活かせるキャリアパス制度が有効です。

東京都内で働きた転職したい介護士におすすめ!
安心して働けるデイサービス3選はこちら
転職におすすめしたい、東京都内のデイサービス提供会社

給料水準・通勤のしやすさ・キャリアパス制度に要注目!

ワーク・ライフ・バランスを保ち、健康的に働けるデイサービス。数あるサービス提供会社の中から特におすすめの企業をピックアップしました。

   デイサービス提供会社のおすすめはこちら